喫煙者の権利が著しく迫害されています。 喫煙者の権利を守る運動を立ち上げたいと考えます。 一本のたばこにつき一円 旧国鉄の負債清算に奉仕している 私達をどこまで侮るのだ!!
日本たばこ党宣言
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援クリック宜しくお願いします。励みになります…
平に平になにとぞよろしくお願い申し奉ります。
朝日新聞を購読しません」運動を! 朝日新聞を読むと世界のことが理解できず、自分が馬鹿であると思うようになります。 それが政治への無関心を増長させ、国民を投票から遠ざけ、左翼組織票による議会政治の乗っ取り を推進させています。産経新聞をお薦めします。まだまだましです。
ページトップへ
小泉構造改革の総括が必要であった(ブログ紹介)
2013-10-13-Sun  CATEGORY: 政治・文化・教育
小泉は日本を暗い国にした

小泉構造改革の総括が必要であった

小泉純一郎首相は、平成13年9月27日の第百五十三回国会における小泉内閣総理大臣所信表明演説 の「むすび」において、ダーウィンの進化論について言及しました。
http://www.kantei.go.jp/jp/koizumispeech/2001/0927syosin.html

『いよいよ、改革は本番を迎えます。我が国は、黒船の到来から近代国家へ、戦後の荒廃から復興へと、見事に危機をチャンスに変えました。これは、変化を恐れず、果敢に国づくりに取り組んだ国民の努力の賜物であります。私は、変化を受け入れ、新しい時代に挑戦する勇気こそ、日本の発展の原動力であると確信しています。進化論を唱えたダーウィンは、「この世に生き残る生き物は、最も力の強いものか。そうではない。最も頭のいいものか。そうでもない。それは、変化に対応できる生き物だ」という考えを示したと言われています。」』

小泉首相は、変化に対応できない企業や国民は滅びるのですよ、滅びても仕方がないのですよ、という内閣の方針をこの演説で表明したのです。そして、それが目指すべき国家像であると。

私は当時、一国の宰相として最低の発言であると思いました。しかしながら、小泉内閣は中道から保守層・右派にわたって高支持率を維持し、案の定、規制緩和による競争促進策、小さな政府等新自由主義的な構造改革を推進し、所得格差を増大させました。

本来、国家として目指すべきは、当然のことではあるのですが、三橋貴明氏や西田昌司参議院議員が度々主張されているように、経済の元の意味「経世済民」なのです。「経世済民」とは文字通り、「世を經(おさ)め、民を濟(すく)う」ことであり、新自由主義という規制を緩和し競争を徹底する社会では、実現不可能なのです。

新自由主義者は「トリクルダウン」により、富裕層が大きな利潤を得れば、その利潤を投資、消費に回すため、最終的には最貧層までにもその利潤が配分されるとの理論を振りかざし、必ずしも競争促進施策が格差を生み出すとは限らないと主張しますが、アメリカ社会の実情からは、この論理は完全に破たんしています。理論的にも、富裕層の消費性向(所得の内、消費に回す割合)は相対的に低く、富の集中は経済成長には明らかにマイナス要因です。実際に、アメリカでは1979年から2006年にかけて、中産階級の所得は40%増えましたが、最貧層では11%しか増えていない。これに対して最上位1%の所得は256%も増えて、国富の23%を占めるようになり、これは今までで最大であった1928年を上回っています。

そして、ここからが本論なのですが、平成18年度に発足した第一次安倍政権は小泉内閣が進めた構造改革路線を引き継ぐと明言しています。

安倍内閣総理大臣記者会見 平成18年9月26日
http://www.kantei.go.jp/jp/abespeech/2006/09/26press.html
『はっきりと申し上げておきたいことは、5年間小泉総理が進めてまいりました構造改革を私もしっかりと引き継ぎ、この構造改革を行ってまいります。構造改革はしばらく休んだ方がいい、あるいは大きく修正をした方がいいという声もあります。私は、この構造改革をむしろ加速させ、そして補強していきたいと考えております。』

その後第一次安倍内閣は1年間弱で福田内閣に交代、その後を継いだ麻生内閣で民主党に政権を奪取されます。

安倍晋三は下野してからは、構造改革路線、新自由主義を否とする中野剛志等西部邁一派の勉強会等に参加し、「瑞穂の国の資本主義」や「国土強靭化」を掲げて、党総裁選挙、衆議院選挙を戦い勝利するのですが、彼の政治思想は変わってなかったのです。

ロンドン講演 平成25年6月19日
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/0619speech.html
『私はこれからの3年を、集中的な改革の期間と位置付け、持てる政治力を、投入します。 固い、岩盤のような日本の規制を、私自身をドリルの刃(やいば)として、突き破ろうと思っています。』

ニューヨーク証券取引所スピーチ 平成25年9月25日
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg8533.html
『TPPをつくるのは、歴史の必然です。』

小泉首相のダーウィン進化論への支持、そしてその流れを受け継ぐ安倍首相のこれらの発言、いずれも『経世済民』とはほど遠く、戦慄が走ります。

そもそも自民党は小泉政権の構造改革の総括を行う必要があった。これを行わなかったことが全てでしょう。

とにもかくにも、安倍政権の長期化だけは、阻止しなければなりません。




http://ameblo.jp/datoushinzoabe/entry-11634773852.html

日本を安倍晋三から取り戻す!真の国益を実現するブログ

安倍総理大臣の売国政策に我慢ができず、ブログを始めることにしました。
真の国益を実現するため、外交・国防・憲法・経済・歴史観など
あらゆる面から安倍内閣の政策を厳しく評価し、独自の見解を述べていきます。
スポンサーサイト

応援クリック宜しくお願いします。励みになります…
平に平になにとぞよろしくお願い申し奉ります。
朝日新聞を購読しません」運動を! 朝日新聞を読むと世界のことが理解できず、自分が馬鹿であると思うようになります。 それが政治への無関心を増長させ、国民を投票から遠ざけ、左翼組織票による議会政治の乗っ取り を推進させています。産経新聞をお薦めします。まだまだましです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 日本たばこ党宣言. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。