喫煙者の権利が著しく迫害されています。 喫煙者の権利を守る運動を立ち上げたいと考えます。 一本のたばこにつき一円 旧国鉄の負債清算に奉仕している 私達をどこまで侮るのだ!!
日本たばこ党宣言
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援クリック宜しくお願いします。励みになります…
平に平になにとぞよろしくお願い申し奉ります。
朝日新聞を購読しません」運動を! 朝日新聞を読むと世界のことが理解できず、自分が馬鹿であると思うようになります。 それが政治への無関心を増長させ、国民を投票から遠ざけ、左翼組織票による議会政治の乗っ取り を推進させています。産経新聞をお薦めします。まだまだましです。
ページトップへ
日の丸
2009-09-07-Mon  CATEGORY: 政治・文化・教育
nagamasa_guntai.jpg

あるマイミクさんの日記で

日の丸が薩摩の旗で日本の国旗であることの権威を貶めるような

ことをいう電波さんがいた。

直接そのマイミクさんの日記を論争の場にしたくないので。。。

シャムの山田長政が17世紀に日の丸を立てて戦ったのは

有名な話ではあるが、皇紀1361年(西暦701)大宝元年、第42代「文武

天皇」が「日」を型どった旗を用いたといわれ(続日本紀)るほど

歴史的伝統のあるものです。

それを幕末に薩摩の進言で国旗とさだめただけ。

ながーーいながーーい歴史伝統があるものです。

宮中儀式もしかり。

何も明治に始まったものではない。

明治の世に整備されただけ。

ながーーい伝統があります。

余談ではありますが、

武家であった先祖が遺した古文書の中に

主家のご先祖の法名、没年、行跡を延々と記したものがある。

これは、主家の家の歴史を知っていることが家老職、

その他要職にあるものにとって必修の知識であったのであろうと思われる。

他に、一年間を通して日々の行事を時間単位で記したもの。。。

小さな藩の武家でさえ、伝統行事で日々の空白を埋めていた。

伝統文化の権化のような公家、親王家で、まして朝廷で

日々の行事儀式がないわけがない。。

昔からあるのは新嘗祭ぐらいで明治になって皇室行事ができた

とかいう電波をとばすサヨクがいたもので、あまりに

馬鹿馬鹿しく呆れてしまった。

それに本人が勉強しているつもりの自信を持っているものだから。。

あーーあ ふっ

学問をすること即本を読むことではない。

仮説 検証 を経て歴史学の学説も科学理論と同じように成り立つ

ものだと思うが、歴史に関する書物においては

科学実験における追認という他の学者による

批判なり承認を得ない電波もどきの学説とも、小説ともつかない

ような言説が飛び交っていて

それを信じ込んで勉強したつもりになっている人が結構いるようだ。

偏見かもしれないが、文系で理系科学に関わらなかった人に

よく見られる傾向だと思う。



以下 引用


http://www1.neweb.ne.jp/wa/kousikai/japan_flag/japan_flag_rinku.htm

国旗「日の丸」の歴史
 現在の国旗「日の丸」が我が国で用いられるようになったのは、皇紀1361年(西暦701)大宝元年、第42代「文武天皇」が「日」を型どった旗を用いたといわれ(続日本紀)、また第96代後醍醐天皇が笠置山に行幸されたとき日の丸を用いたという史実があります(松平定信 集古十種)。
 以後、戦国の武将「武田信玄」「上杉謙信」「加藤清正」等は、自分の家旗のほかに日の丸をよく掲げ、また豊臣秀吉は朝鮮出兵の際に、山田長政はシャムに渡ってから日の丸の旗を掲げていたといわれます。 しかし、その当時に日の丸を掲げることは、公式の決まりによるものではなく、個人の意思によって使用していたものです。
 そして、江戸時代中期をすぎると外国船の来航が多くなり、アメリカのペリーが我が国に開国を求めた、皇紀2513年(1853)嘉永6年には、薩摩藩が日の丸を国章とするように建議したところ、皇紀2514年安政元年に幕府は、「異国船に紛れざるよう日本総船印は日の丸の丸幟」と定めました。
 それから6年たった万延元年に、勝安房たちは日の丸を高く掲げ激しい風雨にもめげず広い太平洋を渡り切りました。
 このとき外国人は、日本の国旗が日の丸であることを認めたのです。さらに文久3年には、「御軍艦の儀、御国印、白地日の丸」という幕令がだされたので、日の丸が公式に「御国旗」となったのです。

--------------------------------------------------------------------------------

太政官布告(第57号)
太政官(だじょうかん)=現在の内閣に相当する朝廷における最高官庁。
…<商船が使う国旗>… 明治になって広く各国と交際するようになり、皇紀2530年(1870)明治3年1月27日、政府は太政官布告第57号(商船規則)に於いて「日本国船に掲げる国旗は白地に日の丸」と定めました。そして、国旗の歴史で日の丸を法的に国旗と定めたのは太政官布告に限られています。そこで問題となるのが、「この大政官布告は、現在ではその効力を失っているのか」ということです。
 太政官布告とは、明治の最高行政庁である太政官から公布された法令とされていますが、明治18年に太政官制度は廃止され、それに代わり内閣制度が設置され、その翌年には太政官布告の制度も廃止されました。
 しかし、大日本帝国憲法施行以後も、法律・規則・命令または「何等の名称」を用いても、この憲法に矛盾しないものは効力がある(帝国憲法第76条)と定められています。また、現行憲法施行後も、この憲法に反しない法律・命令等は効力があります(現行憲法第98条)。従って、この太政官布告は現在も生きているのです。

--------------------------------------------------------------------------------

慣習法上の国旗
…<一般に使う国旗>…

 太政官布告第57号は、商船に使う国旗だけの規定で、一般用のもではありませんでした。しかも、外国船と間違えられないようにする船印ですから、日常使うのには大きすぎる国旗でした。
 そこで、私たちの祖先は、賢明にもこの布告に準拠して、その寸法の比率を求めて、家庭や公的な式場などで使う日の丸の旗を作りました。この布告によれば、日の丸の中心は旗の中心より1%紐の方に近いのですが、布地や制作上の都合により、それらの中心を一致させるなど適宜に作りました。そして祝日には、日の丸の旗を家々や学校の式場などに掲げて祝いました。これを毎年くり返して、10年・20年たつと、この慣習は国民の間に広く定着し、国民の心の底に、日本の国旗は日の丸であることが染み渡り、国民的確信となりました。すなわち、日の丸は事実上の国旗となったのです。
 ここで注意すべきは、明治22年に大日本帝国憲法が発布されるまでは、議会がなかったので、世の中のきまりは、法律の代りに、太政官布告や慣習によって行われてきたとのことです。
 日本の法律には、文章で書かれた「成文法」と、文章には書かれないが、ある事実が慣習として定着したものを法として認める「慣習法」とがあります。
 さて帝国憲法が発布されてから9年後に、法例という名の法律(明治31年法律第10号)ができ、この第2条により日の丸は慣習法上の国旗となりました。この第2条には、「事実上の慣習」が成文法と同一の効力をもつ「慣習法となるための条件」を二つあげています。その第一は、公の秩序や善良の風俗に反しないことですが、日の丸は、勿論この条件に適っています。第二は、すでに法令で認めたり規定していないものであることですが、一般用の国旗「日の丸」は太政官布告は勿論他の法令で認められたり定められていないので、この条件にも適っています。したがって、この時点で、日の丸は「慣習法上の国旗」となっているのです。
 だから船舶法は、その翌年の明治32年に日の丸が慣習法上の国旗であることを前提として、日本の船舶に国旗を掲げることを義務づけています。ここで留意すべきは、船舶法は国旗掲揚を義務づけているだけで、布告57号は国旗の寸法等を定めていることです。その後、日の丸が慣習法上の国旗であることを前提に、昭和23年に海上保安庁法、同29年に自衛隊法は、それぞれの船舶・艦船に国旗を掲げることを義務づけ、また同34年の商標法には、国旗は商標登録を受けられないことになっています。
 
 次に、国際的視野から、日の丸を考えましよう。
 国際間には国際法というきまりがありますが、これは、二つ以上の国家間の明示の合意としての「条約」と黙示の合意としての「国際慣習法」によって成立しているものです。 日の丸は、元首の訪問などの国際間の儀礼、国連などの国際的会議、オリンピツクなどの国際的行事の場で日本の国旗として世界中の国々から認められており、且つ、この「国際慣習」は現行憲法施行以後、及び明治三年以降長きにわたり国際慣習法上日本の国旗と認められているのです。
 日の丸が日本の国旗であることは、国内法上も国際法上も明確な根拠によるものであります。     
スポンサーサイト

応援クリック宜しくお願いします。励みになります…
平に平になにとぞよろしくお願い申し奉ります。
朝日新聞を購読しません」運動を! 朝日新聞を読むと世界のことが理解できず、自分が馬鹿であると思うようになります。 それが政治への無関心を増長させ、国民を投票から遠ざけ、左翼組織票による議会政治の乗っ取り を推進させています。産経新聞をお薦めします。まだまだましです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
アメリカの開発する有毒ワクチンを注入するのを直ちに止めよ
コメント愛信 | URL | 2009-09-08-Tue 22:06 [EDIT]
ワクチン接種は実費負担=医療機関、予約制で実施-6千~8千円か・新型インフル

新型インフルエンザ用ワクチンの接種費用について、厚生労働省は8日、接種
を受けた患者や保護者から実費相当額を徴収することを決めた。接種回数は
2回で、負担額は計6000~8000円になる見通しという。

世界の何処に自国民に有害ウイルスを注入する国があるか、豚インフルエンザ
など偽装情報でアメリカの開発する有毒ワクチンを注入するのを直ちに止めよ。

【マスコミ隠蔽の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 日本たばこ党宣言. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。