喫煙者の権利が著しく迫害されています。 喫煙者の権利を守る運動を立ち上げたいと考えます。 一本のたばこにつき一円 旧国鉄の負債清算に奉仕している 私達をどこまで侮るのだ!!
日本たばこ党宣言
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援クリック宜しくお願いします。励みになります…
平に平になにとぞよろしくお願い申し奉ります。
朝日新聞を購読しません」運動を! 朝日新聞を読むと世界のことが理解できず、自分が馬鹿であると思うようになります。 それが政治への無関心を増長させ、国民を投票から遠ざけ、左翼組織票による議会政治の乗っ取り を推進させています。産経新聞をお薦めします。まだまだましです。
ページトップへ
在特会からの呼びかけ 。。。人権擁護法案は朝鮮人による朝鮮人のための法律です
2008-02-13-Wed  CATEGORY: 在日
niou.jpg
人権擁護法案について、容易ならぬ事態がやってまいりました。この法案が成立すれば、在日特権について組織だって反対すること自体が困難になりかねません。

これですべてが決まるわけではありませんが、ここで「NO」を突きつけないとあとはずるずるとやられるだけです。よろしくお願いします。

以下、PRIDE OF JAPAN2/8付記事を転載します 「2月13日、人権擁護法案が自民党で審議されます。

」http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-1278.html#more

自民党の人権問題等調査会が2月13日午前8時に自民党本部にて開催され、人権擁護法案について審議が行われることとなった。

現在すでに活動している人権委員会(全国で1万4千人の人権委員で構成)から、下記のような勧告が行われている。

①大阪の人権委員会は、ある学校の校長に対して、卒業式で生徒たちに「国旗国歌を強制される必要はない」と言わなかった不作為が人権侵害であると勧告がなされている。

②また、弁護士会では高校生が制服を着せられていることも人権侵害だといっている。

③さらに、稲田朋美衆議院議員は、氏の担当する裁判について「これから国民運動として訴えていこう」と言ったら、これが三権分立に違反するとして大阪弁護士会に懲戒の申し立てを受けているのである。

下記に法案の反対・抗議の声を

■[抗議・要望先] 自民党本部へ  自民党ホームページから[ご意見]→[総合]をクリックし、メールでhttp://www.jimin.jp/jimin/goiken/index.htmlフォームが動かないときは直リンクhttp://meyasu.jimin.or.jp/cgi-bin/jimin/meyasu-entry.cgi

□自民党人権問題等調査会の太田誠一会長へ〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2       

 衆議院第2議員会館 232号室電話 03-3508-7032 FAX 03-3508-3832U R L :http://www.otaseiichi.jp

在日外国人の人権委員会 とは
 
在日外国人の人権委員会の前身は、1967年に発足した少数民族問題研究委員会です。

この委員会は1972年に現在の委員会名に名称を変更しましたが、当初から一貫して在日韓国・朝鮮人の人権獲得をその中心的課題として活動してきました。

1970年前後の出入国管理法案への反対闘争をはじめとして、就職差別や民族教育の保証を求める闘い等が行われてきました。

 1980年代以降は、各地で指紋押捺拒否運動が取り組まれ、その全国的な高まりを受けて、1987年には当委員会も参加協力する形で、各教派・団体や各地の地方組織からなる「外登法問題と取り組む全国キリスト教連絡協議会(外キ協)」が結成されました。

以降、この外キ協と二人三脚で外登法の抜本改正を求める運動を継続してきています。

 特に現在、力を入れているのは、1999年に外キ協が発表した「外国人住民基本法案」の推進です。

NCC常議員会での推進決議にもとづき、ブックレットやリーフレットを発行したり、セミナーや全国集会の開催など、外キ協と共に取り組みを強めています。

 また、韓国NCCの人権委員会など、韓国とも在日の人権をめぐって長い共闘の歴史があり、1999年6月には外キ協等6団体と共催で「21世紀アジアにおける日本-在日-韓国教会の共同課題」を主題に、東京において第7回外登法問題国際シンポジウムを開催したり、韓国教会在日同胞苦難の現場訪問(同年8月 於:京阪神-広島)を受け入れるなど、関係を深めています。


写真は、有名な『人権は金になる。』
713745766_230.jpg


人権擁護法案は朝鮮人による朝鮮人のための法律です

このコピー瀬戸さんのコメント欄からいただきました。

同和利権屋のための法律でもあるのだけれどわかりやすいので

日本たばこ党 として このコピーで行きます。


以下 マイミク よねさんの日記から拝借。

■人権問題等調査会
 会長   太田誠一 liberty@otaseiichi.jp
  http://otaseiichi.jp/
  http://www.election.ne.jp/10829/
 会長代理 塩崎恭久 shiozaki@y-shiozaki.or.jp
  http://www.y-shiozaki.or.jp/
 顧問
  伊吹文明 http://www.ibuki-bunmei.org/
  古賀誠  http://www.kogamakoto.gr.jp/
  鈴木俊一 http://www.suzukishunichi.jp/
  谷垣禎一 office@tanigaki-s.net http://www.tanigaki-s.net/
  二階俊博 http://www.nikai.jp/
  山崎拓  http://www.taku.net/
  青木幹雄
 副会長 岩永峯一※ 鶴保庸介※
  佐藤剛男 utsukushimafukushima@satotatsuo.jp http://www.satotatsuo.jp/
  櫻田義孝 web@sakurada-yoshitaka.com http://www.sakurada-
yoshitaka.com/
  笹川堯  info@e-sasagawa.com http://www.e-sasagawa.com/
  杉浦正健 http://www.seiken-s.jp/
  土屋品子 otayori@owl1.owls.co.jp http://owls.co.jp/shinako/
  中谷元  g03148@shugiin.go.jp http://www.nakatanigen.com/
  山口俊一 info@yamashun.jp http://www.yamashun.jp/
  山本公一 g04763@shugiin.go.jp http://www.netwave.or.jp/~kochan-y/
  山本幸三 kozo-y@sirius.ocn.ne.jp http://www.yamamotokozo.com/
  山本拓  http://yamamototaku.jp/
  山本有二 h04800@shugiin.go.jp http://www.yamamotoyuji.com/
  鴻池祥肇 http://www.kounoike-web.com/
  山内俊夫 toshio_yamauchi@sangiin.go.jp http://www.t-yama.net/
  脇雅史  http://www.waki-m.jp/
 幹事長  岩永峯一 office@iwanaga.gr.jp http://www.iwanaga.gr.jp/
 事務局長 鶴保庸介 info@tsuruho.com http://www.tsuruho.com/

以下 反日議員を落選させる会より引用。

「人権擁護(弾圧)法案」の推進勢力

 この人権擁護法案は、我々日本人(多数派)が少数派の在日朝鮮・韓国人や部落解放同盟の人達を差別・迫害することを前提に考えて編み出されたものです。

 我々多数派の日本人は常に加害者であり、在日・解同は常に被害者であるというような、誤った考えでこの法律が成立すれば、この法律によって被害者となるのは、我々一般の日本人ということになります。

 この「人権擁護(弾圧)法案」の最初の言い出しっぺは下記の方々であると掲示板にあったので紹介しておくことにします。

 みんな、誰が言い出しっぺなのか、賛同者なのかわかってるのか??

●人権擁護法案の黒幕

法案の作成者の親玉がチュチェ思想(主体思想)研究家の武者小路公秀

 ▽ 人権フォーラム21役員体制(1997.11-1998.12)

代表 武者小路公秀 (反差別国際運動日本委員会理事長) ←こいつが超最悪

副代表 イーデス・ハンソン (アムネスティー・インターナショナル日本支部支部長)

上田卓三 (部落解放同盟中央執行委員長)          ←同和関係

金東勲 (龍谷大学教授)                      ←在日

久保田真苗 (世界人権宣言中央実行委員会実行委員長)

小西清則 (全国同和教育研究協議会委員長)      ←同和関係

笹村二朗 (北海道ウタリ協会理事長)

徐 正禺 (在日コリアン人権協会会長)            ←在日

樋口恵子 (東京家政大学教授)

山田昭義 (障害者インターナショナル日本会議議長)

山田匡男 (『同和問題』にとりくむ宗教教団連帯会議議長) ←同和関係

鷲尾悦也 (日本労働組合総連合会会長)

事務局長 江橋 崇 (法政大学教授)

事務局次長 津和慶子 (日本婦人会議中央本部事務局長)

金 政玉 (障害者インターナショナル日本会議)        ←在日

組坂繁之 (部落解放同盟中央書記長)          ←同和関係

友永健三 (部落解放研究所所長)             ←同和関係

教育啓発部会長 元木健 (川村女子学園大学教授)

教育啓発副部会長 神本恵美子 (日本教職員組合中央執行委員)

規制救済部会長 高野真澄 (福山平成大学教授)

規制救済副部会長 福島瑞穂 (弁護士)       ←社民党の党首

「チュチェ思想」を簡単に言えば「金正日をあがめよ」という思想。北朝鮮の法律にも書いてある言葉。
こりゃ、在日と北朝鮮と解放同盟と創価学会(公明党)による日本の民主主義破壊だな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 これでは、多くの日本人が悪者にされてしまうでしょう。この法律が成立するということは、日本の社会を北朝鮮や中共並の「収容所列島」にしてしまおうということのようですね。

皆様

下記に登録すれば FAXするのにお金がいりません。
じゃんじゃん抗議FAXを送りましょう。
http://www.sip-japan.net/index.php
国会議員名簿電話FAXはこちら
http://www.geocities.jp/illogical_drmccoy/kokkaigiin.html
スポンサーサイト

応援クリック宜しくお願いします。励みになります…
平に平になにとぞよろしくお願い申し奉ります。
朝日新聞を購読しません」運動を! 朝日新聞を読むと世界のことが理解できず、自分が馬鹿であると思うようになります。 それが政治への無関心を増長させ、国民を投票から遠ざけ、左翼組織票による議会政治の乗っ取り を推進させています。産経新聞をお薦めします。まだまだましです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント3
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
承認待ちコメント
コメント | | 2010-07-17-Sat 05:20 [EDIT]
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
コメント | | 2010-07-18-Sun 16:57 [EDIT]
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
コメント | | 2010-07-22-Thu 01:10 [EDIT]
このコメントは管理者の承認待ちです
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 日本たばこ党宣言. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。