喫煙者の権利が著しく迫害されています。 喫煙者の権利を守る運動を立ち上げたいと考えます。 一本のたばこにつき一円 旧国鉄の負債清算に奉仕している 私達をどこまで侮るのだ!!
日本たばこ党宣言
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援クリック宜しくお願いします。励みになります…
平に平になにとぞよろしくお願い申し奉ります。
朝日新聞を購読しません」運動を! 朝日新聞を読むと世界のことが理解できず、自分が馬鹿であると思うようになります。 それが政治への無関心を増長させ、国民を投票から遠ざけ、左翼組織票による議会政治の乗っ取り を推進させています。産経新聞をお薦めします。まだまだましです。
ページトップへ
自主的な核抑止力を持たない日本は、核武装した中朝露を相手に集団的自衛権を発動する能力を持たないのである。
2015-11-16-Mon  CATEGORY: 政治・文化・教育
41EMABYTJTL.jpg
安保法制が成立したとして、安心していてはいけません。米国との集団的自衛権行使を有効なものとするために、日本の自主的核抑止能力が必要です。バシー海峡、台湾海峡を支那中共に押さえられると、日本は中国の属国となり果てます。中国の台湾侵攻が、2020年ぐらいからと予想されています。あと数年です。以下、引用。

核を持たずに集団的自衛権を行使できるか

日本の親米保守派には、「アメリカ政府が、日本人は自主的な核抑止力を持つなと言うから、われわれは自主的核抑止力を持てない。アメリカ政府が、日本は集団的自衛権を行使して米軍と一緒に戦えと要求しているから、われわれは集団的自衛権を行使する決断をすべきだ」と、まるで「米政府の下僕」の如き態度で、アメリカ政府の対日要求をそのままオウム返しに繰り返している人が多い。
しかし、これらの親米保守の主張は、非論理的であり、軽率であり、ナイーヴである。彼らは安全保障の問題を真剣に考えていない。日本は、米中朝露・四核武装国に包囲された非常に危険な地政学的環境にあり、アメリカ政府の一方的な要求を受け入れて「集団的自衛権を発動して米軍と一緒に戦う」という能力を持たない状態―――アメリカ政府が、日本にそのような能力を持たせない状態―――に置かれている。
自主的な核抑止力を持たない日本は、核武装した中朝露を相手に集団的自衛権を発動する能力を持たないのである。
この「自主的核抑止力を持たない(持てない)状態で、日本は集団的自衛力を行使できるのか?」という問題に関して、筆者は、カール・フォード前国務次官補(情報局長)と話し合ったことがある。フォード氏は国防総省の次官補(アジア政策担当)を務めたこともある、CIA出身の軍事政策専門家である。筆者とフォード前国務次官補は、誌上で以下の議論をした。(『諸君』)

伊藤 2005年2月、日米安全保障協議という閣僚級会議で。「台湾は、日米両国にとって共通の戦略的関心事である」という決定が行われました。大変重要な決定です。台湾防衛問題に関して、日米の軍事協力関係を強化する必要があるからです。中国が台湾を併合し、台湾海峡とバシー海峡を中国海軍がコントロールするようになると、日本にとって死活的に重要なシーレーン(海洋交通路)が中国の支配下に入ってしまいます。
しかし、もし人民解放軍の海空軍が台湾を奇襲攻撃し、米軍が台湾を支援するために出動した場合、日本はどのように米軍に協力できるか、という具体的な事項になると、深刻な問題が発生します。
米中両国が戦争状態になり、日本にある軍事基地から米海軍や空軍が出撃して中国の駆逐艦を撃沈し戦闘機を撃墜すれば、中国政府は日本政府に対して「すべての対米協力を即時中止せよ!米軍に日本の軍事基地を使用させるな!この要求に従わないならば、二十四時間後に大阪に核ミサイルを撃ち込む!」という要求を突きつけてくる可能性があります。
 その場合、日本の総理大臣はどう反応するでしょうか。「アメリカの核の傘があるから大丈夫だ。中国が日本を攻撃してくることなんかあり得ない」と言って対米協力を続けるでしょうか。それとも「たとえ中国が大阪に核ミサイルを撃ち込んでも、それを理由にアメリカと中国が核戦争を始めるわけがない。そんなことをすれば、数千万人の米国の一般市民が死んでしまう。アメリカの大統領がそこまでして『核の傘の保証』を守るはずがない」と判断して、中国からのニュークリア・ブラックメール(核兵器による恫喝)に屈服するでしょうか。
「核の傘」というコンセプトは、やはり、フィクションなのではないでしょうか。自主防衛する勇気―――自主的な核抑止力を持つ勇気―――に欠ける日本国が、中国や北朝鮮のような核武装国を相手に颯爽と集団的自衛権を発動するというのは、非論理的だと思うのですが。

カール・フォード この場合、日本政府は「中国はそのようなニュークリア・ブラックメールをかけてこないだろう」、もしくは、「中国がニュークリア・ブラックメールをかけてきても、それを実行することはないだろう」と希望するしかない。もし日本が中国のニュークリア・ブラックメールに屈服するなら、日米同盟はそれでおしまいです。その場合、日本は中国の属国になるでしょう。
 結局、これはチキン・ゲームです。(註:核武装国がお互いに強烈なダメージを与えうる立場にある時、ニュークリア・ブラックメールをエスカレートさせていく競争から、「こんな危険な戦いは割に合わない」という理由で、相手を先に降参させるゲーム)
 もし中国が、「台湾を断固として獲る!アメリカと激しく対立しても獲る!日本にニュークリア・ブラックメールを突きつけても獲る!」」という鋼鉄のように厳しい決意をみせてこの戦いに臨んでくるならば、日本は負けです。日本にとって、そのようあ中国に対抗する手段はない。現在の状況下で、「堅固な日米同盟」が中国にそのような行為をとらせない効果があるだろうと希望するしかないのです。

フォード次官補が述べるように、自主的な核抑止力を持たない日本は、たとえ極東有事において米軍と一緒に集団的自衛権を行使するという決断しても、中国政府にニュークリア・ブラックメールをかけられた途端に。「日本は負けだ。日本にとって、そのような中国に対抗する手段はない」という状態になるのである。
「米国の核の傘」とは、しょせん、フィクションにすぎず、自主的な核抑止力を持たぬ国が、集団的自衛権を発動して核武装国を相手とする戦争に参加しようとするのは、最初から非論理的な話なのである。

アメリカ政府が、「日本には自主的核抑止力を持たせない。それにもかかわらず日本は、集団的自衛権を行使しろ」と要求してくるのは、日本をそのようなウァネラブル(脆弱)な状態に置いておくのが、アメリカノ覇権外交にとってもっとも都合がよいからである(自主防衛能力を持たない日本政府は、常に米国の言いなりになるしかない)。
しかし、アメリカの覇権政策にとって都合がよい政策を、そのまま鵜呑みにして日本国内で復唱している「親米保守」という人たちは、何という奇妙な、まともな思考能力を持たぬ、小児的な拝米主義者であろうか。明治期の指導者―――伊藤博文、陸奧宗光、福沢諭吉等―――がいま生きていたら、現在の日本の親米派・反米派双方の判断力の欠如と臆病ぶりに驚愕することだろう。
自主的な核抑止力を持たぬ日本が、米軍と一緒に行動して核武装国(中朝露)を相手とする武力紛争に参加すべきだと主張するのは、悪趣味なジョークである。われわれ日本人は、モーゲンソーやウォルツの国際政治理論をしっかり勉強して、「日本が中国の属国とならぬため、そして、米国と一緒に東アジアで集団的自衛権を行使するため、日本は自主的核抑止力を持たねばならぬ」と決断すべきなのである。
敗戦後、すでに60年経っている(引用者註;2005年時点)。たった一回、戦争に負けたことを口実として、いつまでたっても自主防衛しようとしない日本人は、独立主権国を運営する道徳的な資格に欠けている。(『中国の「核」が世界を制す』 伊藤貫著 より引用)
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3…/…/ref=sr_1_1…
スポンサーサイト

応援クリック宜しくお願いします。励みになります…
平に平になにとぞよろしくお願い申し奉ります。
朝日新聞を購読しません」運動を! 朝日新聞を読むと世界のことが理解できず、自分が馬鹿であると思うようになります。 それが政治への無関心を増長させ、国民を投票から遠ざけ、左翼組織票による議会政治の乗っ取り を推進させています。産経新聞をお薦めします。まだまだましです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
守るとは何か?
2015-11-08-Sun  CATEGORY: 政治・文化・教育
三島先生
「守るとは何か?文化が文化を守ることはできず、言論で言論を守ろうという企画は必ず失敗するか、単に目こぼしをしてもらうかにすぎない。『守る』とはつねに剣の原理である。守るという行為には、かくして危険がつきまとい、自己を守るのに自己放棄が必須となる。平和を守るにはつねに暴力の用意が必要であり、守る対象と守る行為の間には、永遠のパラドックスが存在するのである。」三島由紀夫 『文化防衛論』より

応援クリック宜しくお願いします。励みになります…
平に平になにとぞよろしくお願い申し奉ります。
朝日新聞を購読しません」運動を! 朝日新聞を読むと世界のことが理解できず、自分が馬鹿であると思うようになります。 それが政治への無関心を増長させ、国民を投票から遠ざけ、左翼組織票による議会政治の乗っ取り を推進させています。産経新聞をお薦めします。まだまだましです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
わが国の民主主義の危機
2015-11-04-Wed  CATEGORY: 政治・文化・教育
帰化人政治家

国の中枢に帰化人、なりすまし日本人が入り込んでいる。これは、わが国の民主主義の危機です。
また「国防」「安全保障」の重要問題でもあります。
帰化人であること、或いは、帰化人の子孫であることを隠して、有権者の負託を受けることは、フェアではありません。

元国会議員秘書 朝倉秀雄氏の証言 以下引用

意外と多い帰化人政治家 存在する帰化人ネットワーク

国会議員には所属政党や派閥を超えたウラの人脈がある。松下政経塾や国体人脈、帰化人ネットワークなどだ。
松下政経塾出身の国会議員は民主党29名、自民党10名で計39名いるが、与野党を超えて定期的に会合を開いている。
党の窓口として交渉をしているうちに互いに信頼関係が芽生え、個人的な付き合いが生まれるのが国体人脈だ。与野党が対立し、表の交渉ではどうにもならなかった場合に、国体人脈がものをいう。裏で話を付けることも可能だからだ。
帰化人、あるいは帰化人の子孫の国会議員は全議員の一割はいると言われているが、彼らもまた互いにシンパシーのようなものを感じるらしく、裏で繋がっている場合が多い。永田町では、彼らのことを「半島系」とか「あっち系」とか呼んでいる。
秘書が主人を選ぶ場合、その出自はけっこう重要な問題だ。なぜなら、民族が違うとなかなかわかり合えず、本当の信頼感を作るのが難しいからだ。それと帰化人議員には、秘かに日本人の秘書に敵意を抱いている者も少なくない。酒が入るとつい本音が出て、秘書を虐めにかかることがあるという。
筆者の友人のある政策秘書などは、N氏がまだ衆議院議員だった頃、「俺の爺さんは日本に強制連行された。爺さんが日本人に虐められたことを考えれば、俺がお前を虐めて何が悪い」などとしつこくからまれたという。
ちなみに、行政マンから国会議員の秘書に転じた筆者が最初に仕えたのは南だか北だかわからないが、とにかく「半島」を祖国に持つ帰化人議員であった。むろん、最初は気づかなかったが、交友関係が明らかに元からの日本人とは思えない人物ばかりだし、筆頭秘書が「代議士はしばらく海外だ」というので、「どこへ行かれたんですか?」と尋ねると、「先祖の墓参りだよ」という答えが返ってきたので、ピンときたわけだ。
ここでは仮にI代議士としておくが、I氏が本会議で代表質問に立つことになったとき、後に帰化人であることを告白し、自殺することになる新井将敬氏から電話があり、親切丁寧な助言が与えられたのも帰化人議員同士が裏で頻繁に連絡を取り合っている証であろう。
また筆者は、I代議士とは縁もゆかりもないはずの人間がある地方選に出馬した時、なぜか応援にいかせられた。その理由が、だいぶ後になってからわかった。衆議院議員になって議員会館の中を歩くその人物の平べったい顔と小さな目が韓国の大統領とそっくりだったからだ。
帰化人や帰化人の子孫も出自がどうであれ、法的に日本人だから、国会議員として日本の国政の枢機に関わっても別に問題はない。
しかし日本のように周辺に反日感情の強い国がある場合、「祖国」と「日本」の利害が対立しかねない。あるいは「有事」が起こった場合に、帰化人にして政権の中枢にある者がはたしてどちらの国益を優先させるか予想がつかないと筆者は考えている。
また政治の世界では、露骨なエピソードもある。タカ派で知られる石原都知事は、2010年の4月19日、「与党の党首や幹部には帰化人の子孫が多い」と発言し、さっそく社民党の福島党首が「私の両親は日本人で、帰化などしていない」と噛みついた。本人が否定する以上、それは本当なのだろう。
ただ、北朝鮮のミサイルが日本に落下した場合にこれを迎撃する日本政府の方針に反対するなど、とかく反日的な言動が多いことは間違いない。
おそらく石原氏は福島氏ではなく、別な複数の人物を想定したのだろうが、そのうち一人の妻は在日韓国人か帰化人と噂されている。日本の国会議員で帰化人であることをカミングアウトしているのは民主党の蓮舫、白眞勲、ツルネンマルテイの三氏。ある古参秘書によると、全議員の一割、七十名くらいはいるという。筆者が知っているだけでも二十名はいるから、あながち大げさでもないような気がする。以上。
「国会議員リアル白書」朝倉秀雄著 第2章国会議員の怖ーい裏事情 意外と多い帰化人政治家 存在する帰化人ネットワーク 143頁から146頁より 抜粋

応援クリック宜しくお願いします。励みになります…
平に平になにとぞよろしくお願い申し奉ります。
朝日新聞を購読しません」運動を! 朝日新聞を読むと世界のことが理解できず、自分が馬鹿であると思うようになります。 それが政治への無関心を増長させ、国民を投票から遠ざけ、左翼組織票による議会政治の乗っ取り を推進させています。産経新聞をお薦めします。まだまだましです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
仮説「朝鮮・韓国人の脛は短い(脛骨/大腿骨比が小さい)」を検証する。
2015-11-04-Wed  CATEGORY: 政治・文化・教育
大腿骨 脛骨
画像①日本シンクロナイズドスイミングチーム
画像②北朝鮮シンクロナイズドスイミングチーム
画像③KARA
つづきを表示
応援クリック宜しくお願いします。励みになります…
平に平になにとぞよろしくお願い申し奉ります。
朝日新聞を購読しません」運動を! 朝日新聞を読むと世界のことが理解できず、自分が馬鹿であると思うようになります。 それが政治への無関心を増長させ、国民を投票から遠ざけ、左翼組織票による議会政治の乗っ取り を推進させています。産経新聞をお薦めします。まだまだましです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
所謂「南京大虐殺」は、中国国民党によるものだった!
2015-04-28-Tue  CATEGORY: 政治・文化・教育
2015-04-28南京陥落4
所謂「南京大虐殺」は、中国国民党によるものだった!

蒋介石が自筆日記で、南京で日本軍攻略前に、国民党が中国軍人、人民を虐殺していたことを記述していた。何故、日本のマスゴミはこのような重要事実を報道しないのか??


蒋介石本人也留下了証言。

(蒋介石が残した証言)

根據美國史丹弗大學保存的蒋介石日記

(アメリカスタンフォード大学に保存されている蒋介石日記を根拠とする。)

中國軍的素質低落,指揮系統混亂,現場指揮官無能、不負責任,與蒋介石的擧棋不定、誤算,導致在12月13日,日本軍攻陥南京之前,中國軍自己就先屠殺起中國軍民同胞了。

(中国軍の素質の低下、指揮系統の混乱、現場指揮者の無能無責任
は蒋介石誤算で有った、よって12月13日日本軍の攻略前の南京で中国軍は先に中国軍人、人民を虐殺。)



以下 引用元より本文

對此,蒋介石本人也留下了証言。

根據美國史丹弗大學保存的蒋介石日記(找尋真實的蒋介石・楊天石著):「(1937年)11月20日,川軍作戰能力低,紀律壞,聞敵即走。」「11月26日,(呉錫-澄陽湖線)不分歩驟,全線盡撤,亦未得呈報,痛心盍極!」「12月7日,人民受戰禍之痛苦,使之流離失所,生死莫蔔,而軍隊又不肯稍加體恤愛護,慘目傷心,無逾於此。」(這天蔣介石飛離南京)

蒋介石在12月10日指示唐生智拒絶日本軍的最終通牒,却又在隔天指令「如情勢不能久持時,可相機撤退,以圖整理而期反攻」。

12月12日的蒋介石日記如是記載:「挹江門外,被踏死者堆積如山。僅有之少數船舶,至此人人爭渡,任意鳴槍。船至中流被岸上未渡部隊以槍擊毀,沈沒者有之,裝運過重沈沒者亦有之」。

也就是説,由於中國軍的素質低落,指揮系統混亂,現場指揮官無能、不負責任,與蒋介石的擧棋不定、誤算,導致在12月13日,日本軍攻陥南京之前,中國軍自己就先屠殺起中國軍民同胞了。

http://www.hi-on.org.tw/bulletins.jsp?b_ID=136043


http://blog.goo.ne.jp/think_pod/e/c7b4bdc524a2bd710cc0f5e3535e428e

http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/363133/3/

2015-04-27南京陥落-天安門広場

応援クリック宜しくお願いします。励みになります…
平に平になにとぞよろしくお願い申し奉ります。
朝日新聞を購読しません」運動を! 朝日新聞を読むと世界のことが理解できず、自分が馬鹿であると思うようになります。 それが政治への無関心を増長させ、国民を投票から遠ざけ、左翼組織票による議会政治の乗っ取り を推進させています。産経新聞をお薦めします。まだまだましです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント3
<< 2017/03 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


余白 Copyright © 2005 日本たばこ党宣言. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。