喫煙者の権利が著しく迫害されています。 喫煙者の権利を守る運動を立ち上げたいと考えます。 一本のたばこにつき一円 旧国鉄の負債清算に奉仕している 私達をどこまで侮るのだ!!
日本たばこ党宣言
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援クリック宜しくお願いします。励みになります…
平に平になにとぞよろしくお願い申し奉ります。
朝日新聞を購読しません」運動を! 朝日新聞を読むと世界のことが理解できず、自分が馬鹿であると思うようになります。 それが政治への無関心を増長させ、国民を投票から遠ざけ、左翼組織票による議会政治の乗っ取り を推進させています。産経新聞をお薦めします。まだまだましです。
ページトップへ
勇気あるイギリス人?ブラックですね。。。。中国産牛乳を試飲した英国閣僚、就任当日に腎臓結石で入院
2008-10-13-Mon  CATEGORY: シナ
sirou 119


英国「ビジネス、企業および規制改革大臣」として入閣した
ピーター・マンデルソン氏 (54)は就任初日の6日朝、

下腹部の激痛により病院に救急搬送され、検査の結果、
腎臓結石によるものと診断された。

同氏は先月26日、天津で開かれたEU・中国合同
経済通商委員会の席上で、中国産乳製品の安全性をアピールするために、メディアの 前で自ら牛乳を飲んで見せ、温家宝首相を感動させた。

その9日後に、同氏は腎臓結石 が発症し、入閣初日に入院することになった。

英紙「デーリー・メール」によると、同夜、結石の摘出手術が行われた。

欧州連合の消費者による中国産乳製品への不信感を払拭するために、
マンドルソン氏は 公で中国産牛乳を飲み、消費者に安全性をアピールした。

中国の温家宝・総理は同氏の この行動に感動し、「マンデルソン氏は、(中国の)現在のみならず、未来がわかっている」
(チャイナ・デーリー)と述べたという。

中国産牛乳の試飲と腎臓結石発症の関連性は不明だが、
中国人著名ブロガーの宋石男氏 は、この件には二つの可能性があるとした。

①マンデルソン氏は腎臓結石持ちである
ことを知っていながら、中国産ミルクを飲んで中国をコケにした

②腎臓結石のことは 全く知らないで、善意からミルクを飲んだが、恐ろしい結果を招いたとしている。

ネット上でも「因果応報を早くも現れた」「中国当局に迎合すると、このような悲惨
な結果を招く」などの書き込みが相次いだ。

【大紀元日本10月11日】
http://jp.epochtimes.com/jp/2008/10/html/d39639.html
中国産牛乳を飲むマンデルソン氏
http://jp.epochtimes.com/jp/2008/10/img/m13330.jpg
スポンサーサイト

応援クリック宜しくお願いします。励みになります…
平に平になにとぞよろしくお願い申し奉ります。
朝日新聞を購読しません」運動を! 朝日新聞を読むと世界のことが理解できず、自分が馬鹿であると思うようになります。 それが政治への無関心を増長させ、国民を投票から遠ざけ、左翼組織票による議会政治の乗っ取り を推進させています。産経新聞をお薦めします。まだまだましです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
中国共産党日本解放第2期工作要綱に基づく マスコミ操作
2008-09-14-Sun  CATEGORY: シナ

応援クリック宜しくお願いします。励みになります…
平に平になにとぞよろしくお願い申し奉ります。
朝日新聞を購読しません」運動を! 朝日新聞を読むと世界のことが理解できず、自分が馬鹿であると思うようになります。 それが政治への無関心を増長させ、国民を投票から遠ざけ、左翼組織票による議会政治の乗っ取り を推進させています。産経新聞をお薦めします。まだまだましです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
中国大虐殺史 なぜ中国人は人殺しが好きなのか 石平著から
2008-09-05-Fri  CATEGORY: シナ
石平氏の「中国大虐殺史 なぜ中国人は人殺しが好きなのか」を何ヶ月前かに読んで

シナの大屠殺の伝統に震撼した。著作権もあるので内容を詳しく紹介するわけにもいかないので、

せめて その目次だけでもupしておきます。

中国大虐殺史 目次

今の中国政府に「南京」をいう資格があるか、、、、、前書き

第1章 大量殺人から身を起こした中国共産党

・革命とは「破落戸(ならず者)たちとの共謀殺人」である

・「一村一焼一殺」の恐ろしい実態

・「敵」を殺そうとすればまず味方から

・毛沢東による1万人処刑の「紅軍大粛清」

・7万人の「革命同志」はこうして虐殺された

・33万人の長春市民を餓死させた「兵糧攻め作戦」

第2章 自国民への大屠殺を楽しむ共産党政府

・200万人の命を奪った「土地改革運動」

・71万人を即時処刑した「鎮反」という名の大虐殺

・荒唐無稽な理由で銃殺された某大学教授の悲運

・「粛反運動」という「余興」としての殺戮

・「政策」がもたらした数千万餓死の大飢饉

・「饑餓中の食料輸出」という世紀の犯罪

第3章 「殺人者の楽園」を作り出した文革時代

・毛沢東最後の「地ひ流亡民」(ひ ハ病垂に否)

・「迫害致死」という全国規模の大量殺戮

・打ち殺されていく中学校の先生たち

・恒例となった祝日前の「殺人祭典」

・「階級の敵」根絶のための大虐殺事件

第4章 中華帝國史を飾った殺戮の残酷物語

・「三種の殺戮」をやり遂げた秦帝国の暴虐

・陰謀と殺し合いで綴られる漢帝国400年史

・血に飢える大乱世の権力者たち

・明帝国で繰り返された血の大粛清

第5章 中国史上の戦慄すべき無差別大屠殺

・100万人殺しから始まった「四川大屠殺」

・人口の絶滅をもたらした張献忠軍の「殺人競争」

・「屠城」で飾られた満州族の征服戦争

・太平天国の乱とそれこそ本物の「南京大虐殺」

・天安門事件、わずか18年前の「北京虐殺」

中華帝国が産んだ虐殺の論理、、、、、、後書き

以上。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
後書きの中で石平氏も述べておられるが

かような大虐殺の歴史伝統は歴代の権力者が絶対権力をもつた権力者であったことによる。

以下引用

中国の歴代政権と為政者の多くがあれほどまでに殺戮を好んだのは、

やはり中国の伝統に根ざした何らかの共通要因があったと考えるべきであろう。

それはいったい何なのか。

結論からいうと、やはり秦帝国以来の中国独特の権力構造にこそ、最大の要因が

あったと思う。

 秦の始皇帝が史上初の大帝国を作り上げて以来、歴代の中華帝国は、一貫して絶対的な

権威と権力をもつ皇帝を頂点に、中央集権的独裁体制を敷いてきた。

皇帝は「天子=天の子息」として神秘性と最高の権威を賦与されるとともに、

絶対的権力を持つ政治的独裁者であった。三田村泰助はそれを「絶対帝政」と名付けたが、

日本でいえば天皇と将軍、西欧でいえば法王と国王を合体させたものが中国の皇帝であり、

権力の集中と絶対化は極限まで進んだ。

 こうした絶対的な権力は当然、多くの弊害と悲劇を生み出していった。本書の主題である

「虐殺」もまた、絶対的な権力の副産物として生まれたたものである。

 第一に、絶対的な権力があったからこそ、恣意的な虐殺が可能となった。

明朝の開国皇帝である朱元璋の所業は、その典型例である。彼こそ前述のように、

「絶対帝政」を完成させた張本人であり、まさに絶対的な皇帝権力をバックに、

冤罪事件である疑獄を数回もでっち上げ、5万人の臣下たちを意のままに殺した。

朱元璋の朝廷では、大臣が皇帝の気に入らぬ言動を少しでもすれば、たちどころに

その場で打ち殺された。

 殺戮の実績で朱元璋をはるかに凌ぐ暴君は、現代史上の毛沢東である。

「皇帝」という称号こそ名乗らなかったものの、党、軍、秘密警察を一手に握る彼は、実質上、

朱元璋以上の独裁者だった。

中国共産党による一党独裁下で全ての権力を掌握し、彼の口から発せられる一回の殺戮指令

や殺人ノルマで、数十万人の罪無き人民たちがいっせいに惨殺されていった。

 諸悪の根源である絶対的権力は、中国史の「名物」ともいえる虐殺を生み出す最大の

元凶でもあったのだ。

 絶対的権力の存在は、別の意味でも虐殺を引き起こす原因となっている。

 皇帝の権力が絶対化されると、皇帝以外すべての人間は生存権が保障されない状況におかれる。

かみ砕いていうと、皇帝が誰おも簡単に殺せるので、皇帝以外の人間は全て安全でなくなるのだ。

すると、権力の中に生きる人間達は、自らの生存と安全を守るため、皇帝に取って代わるか、

皇帝からの寵愛を一身に受ける立場を勝ち取るか、それ以外に道はなくなる。

 反面、皇帝の権力が絶対なので、誰もがいったん皇帝となれば、あるいは皇帝からの

寵愛を独占できれば、権勢も財産も威信も、ほしいものすべてが手に入る。

 こうした状況下で、皇帝の椅子、皇帝からの寵愛をめぐる権力闘争は、まさに生きるか死ぬか

の熾烈な戦いとなる。残虐な殺戮も当然、生じてくる。

 だからこそ、皇帝となるために親、兄弟、甥を簡単に殺してしまうのが、中国史の常となり、

いったん皇帝となった人間は、前政権の皇帝の子孫、親戚、縁者すべてを根こそぎ虐殺してしまう

のが政治の鉄則となった。

 また、皇帝からの寵愛をめぐる宦官と外戚の戦い、外戚、官僚集団の権力闘争が関係者の

一族全員を巻き込んで過激に展開される。その結果「族誅」という大量殺戮の悲劇が毎度のように

発生したのである。

 皇帝権力の獲得をめぐるより大きな戦いは、やはり王朝交代の際における天下取りの戦争である。

壮絶なこの類の戦争は、中国史上数十回以上も繰り返されてきた。全人民の20人に1人を殺した

秦王朝の統一戦争、残忍極まりない「屠城」を数多くやり遂げた清王朝の大陸征服戦争を

見ればわかるように、王朝交代の大戦争は、常に夥しい流血をもたらした。

 結局、中国では、権力が絶対化されているために、「権力による、権力のための虐殺」が

絶えることなく起きてくるのだ。それは、中国史の悪しき伝統の一つとなっている。

 日本史との対比で、この点はいっそう明確に見えてくる。

長い日本史のなかで、唯一、中国流の虐殺を断行した権力者といえば、

やはり戦国時代の織田信長であろう。しかし、彼の出現と存在は、むしろ日本史に

おける例外である。彼は、日本の歴代権力者のなかで唯一、中国流の

絶対権力を目指した人物である。殺戮を好むという点で隣の中国大陸の

権力者とよく似ているのも頷ける。

 しかし、この「天魔信長」を除くと、神武天皇以来の2700年弱の日本史の中で、

大量殺戮を好むような権力や血に飢えた為政者はほとんど見当たらない。

源平の合戦にしても、天下分け目の関ヶ原の戦いにしても、戦死者の数は知れたもの

である。権力闘争に負けた者への処分はせいぜい島流し程度である。

時には、謀反の首謀者が首を刎ねられることがあっても、いわゆる「九族」全員

が皆殺しにされるような「族誅」は皆無であろう。少なくとも、「大虐殺」と

呼ばれるほどの大量殺戮は、日本ではめったにない。

 私の推測ではおそらく、そうなった原因の一つは、やはり日本の歴史で絶対的な

権力がほとんど出現していない、ということであったと思う。

権力を持たないことがむしろ日本の皇室の常態であることが言うまでもないが、

権威と権力の分離が特徴である日本的政治構造では、平安朝の摂政・関白

にしても、鎌倉の執権にしても、江戸の将軍にしても、絶対的な権力者には

なれないのである。

 こうした日本独特の権力構造の中で、天皇が誰かを恣意的に殺してしまう

ことは最初からあり得ない話だし、天下の徳川将軍にしても、刃傷沙汰を

起こした浅野内匠頭一人を切腹させ、「お家取り潰し」することが、権力の

限界である。

 つまり、中国流の絶対的権力が最初から存在しないからこそ、

中国流の大量殺戮の伝統も当然生まれない、ということである。

おそらく民族性も影響しているであろうが、日本の政治はいたって穏やかである。

 余談になるが、この問題は、本書の前書きで言及した「南京事件」とも

つながっている。事実の検証は専門家に任せるとして、少なくとも私から見れば、

日本の歴史伝統から「大虐殺」の発想が生まれてくる余地は最初からない

と考える。

 それに比べ、絶対的な権力を次々に生み出してきた中国の歴史は

様相が異なる。権力はもともと攻撃性の強いものだが、絶対権力と

なると、その攻撃性は、殺戮という最大級のものに行き着く。

中国史上の数多くの悲劇はここから生まれてきた。

中国では虐殺を生み出す根源の「絶対帝制」は、決して過去の歴史ではない。

現在でも、軍、政権、秘密警察を牛耳る中国共産党の絶対的な権力は、

依然としてこの国を支配している。      

 18年前の天安門事件以来、この政権がしばらく、これといった大虐殺を

引き起こしていないのは事実だが(管理人 注 ウイグル チベットは書かれた時点では明らかでなかったもよう)

その本性はかわっていない。人民解放軍の某将校は記者会見で、

「中国は西安以東のすべての都市が報復によって破壊されたとしても、

米国には核攻撃を仕掛ける用意がある」と豪語した。

一見穏やかな顔をしている温家宝首相も、「個人の生命は惜しむに値しない。

祖国の統一は個人の生命価値をはるかに超える」と恐ろしいセリフを吐いて、

台湾への軍事攻撃の決意を表明した。いずれも、つい最近のことである。

「個人の生命を惜しまない」と公言する政権の支配下では、

「権力による、権力のための虐殺」が、いつ起きてもおかしくない。

「中国大虐殺史」は、いまだ終わっていないのである。

以上引用終わり

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

長々と後書きを引用させていただいた。

フランス革命でも自由平等博愛の旗印のもと ルイ王朝を滅ぼし王族皆殺しのあと

その旗印と真逆、否 確かに身分を廃し平等の旗印の下か

狂気の自由ともいえる殺戮の自由がまかり通り数百万人が殺された。

革命政権による人民、平民の解放はその所謂 人民を代行する政権なり党に

絶対権力を与えてしまう。

殺戮、大虐殺が横行する所以である。

フランス革命をまねたロシア革命でもしかり。

王を戴き、その権威かかげながらも、権力の集中を避け得たイギリス、日本では

少なくともその国内においては中国、ソ連、他革命政権下でのよな殺戮は起こっていない。

立憲君主制の絶対権力者を生み出さない政体の恩恵を、私たち日本人は歴史的に

受けてきたようなものである。

日本国内で生まれ育ちどんなに権力財力をもち得ても、其の人は天皇にはなれない。

つまり究極の権威は得られない。

それが二千数百年続く男系天皇の独裁者抑制効果のようなものである。

もしも、女系、混在系天皇?が出現するような法体系、世の中になるとその抑制効果も

権威もなくなる。

何故なら日本人なら誰でも、数百年から一千年ほど祖先を遡ると皇室に辿り着いてしまう。

誰でも天皇を名乗る資格ができる事になってしまう。。。

故に 男系天皇を絶やさぬよう、旧宮家の皇族への復帰なり、側室制度の見直しなり

臣下のものがバックアップしていかなければならない。

皇室の権威を護るということは、とりもなおさず私たち日本人とこれから生まれ来る次世代

子孫たちの平和と存続をかけた義務以上のものである。





応援クリック宜しくお願いします。励みになります…
平に平になにとぞよろしくお願い申し奉ります。
朝日新聞を購読しません」運動を! 朝日新聞を読むと世界のことが理解できず、自分が馬鹿であると思うようになります。 それが政治への無関心を増長させ、国民を投票から遠ざけ、左翼組織票による議会政治の乗っ取り を推進させています。産経新聞をお薦めします。まだまだましです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
ウイグルからの警告】中国の「正体」・拷問と弾圧 人間性のかけらもないシナ 後ろ手錠に電気ショック拷問 鼻から唐辛子
2008-08-09-Sat  CATEGORY: シナ
ウイグルからの警告】中国の「正体」・拷問と弾圧

応援クリック宜しくお願いします。励みになります…
平に平になにとぞよろしくお願い申し奉ります。
朝日新聞を購読しません」運動を! 朝日新聞を読むと世界のことが理解できず、自分が馬鹿であると思うようになります。 それが政治への無関心を増長させ、国民を投票から遠ざけ、左翼組織票による議会政治の乗っ取り を推進させています。産経新聞をお薦めします。まだまだましです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
四川大地震、中共軍最大の兵器庫を破 壊壊滅的な打撃で、崩壊寸前の中共政権
2008-07-17-Thu  CATEGORY: シナ
m59736.jpg
「突然、バーンと大きな音が聞こえて、山の底から何十メートルの赤いものが噴出して、怖かった」=爆発を目撃した老婆の証言(大陸読者により提供)



四川大地震で被害を受けた幾多の人々には哀悼の気持ちは禁じ得ない。

とくにチベット民族の人々の運命天命についてはその心の裡はいかばかり
かと。。。

チベット国 悠久の歴史文化を誇った国も武力で国を守る術を持たなければ、邪悪なる侵略主義国シナに飲み込まれ、その国の文化も、言語も
伝統も文明もひとの命も風前の灯火となる。

台湾、日本の近未来の姿である。
シナ、朝鮮の走狗とかした日本政府、官僚はあらゆる手をつかって
日本をシナに同化しようとしている。

移民1000万人構想、人権擁護法案による朝鮮人、同和の利益確保と
言論弾圧、外国人参政権法案による地方行政の乗っ取り、地方から国政の
支配。。。児童ポルノ規制法案による性犯罪の増加、表現の抑圧。
ジェンダーフリー男女共同企画。。男女平等という美名のもとに伝統文化
家庭の破壊。。。

核ミサイルで軍事圧力をかけ続けるシナに、大和の神々がお怒りになったのだろうか???

m52806.jpg
爆発現場を訪ねると、村民らは「これらの石や、土やすべて爆発の中飛んできたもの」と証言した(大陸読者により提供)



四川大地震、中共軍最大の兵器庫を破壊
壊滅的な打撃で、崩壊寸前の中共政権


--------------------------------------------------------------------------------
 【大紀元日本7月6日】中国官製報道機関の報道によると、中国軍部が6月27日始めて公表した
ところによると、四川大地震後、中国解放軍化学防衛戦部隊が2700人の対化学戦兵を遣して
核化学緊急対応を取ったという。 

軍部が公表したこの大量化学防衛戦の兵士たちが緊急核対応を取らされた背後には、
震源地の近くにある中共軍の最大規模の兵器庫が地震によって完全に破壊されたという恐ろしい
事実が隠されている。http://jp.epochtimes.com/jp/2008/07/html/d64414.html

7b5edf9d-s.jpg

お知らせ
第1回 毎日新聞変態祭り

【日時】
7月21日(月) 11:40頃開始
社屋前での1時間程度の抗議活動と総務部長へ抗議文の手交。
希望者が街頭演説する時間と抗議文を直接、渡す時間をとります。

【場所】
毎日新聞社 東京メトロ東西線 竹橋駅1B出口1分
雨天決行。プラカード、日章旗等の持参歓迎。
http://seaside-office.at.webry.info/200807/article_5.html


応援クリック宜しくお願いします。励みになります…
平に平になにとぞよろしくお願い申し奉ります。
朝日新聞を購読しません」運動を! 朝日新聞を読むと世界のことが理解できず、自分が馬鹿であると思うようになります。 それが政治への無関心を増長させ、国民を投票から遠ざけ、左翼組織票による議会政治の乗っ取り を推進させています。産経新聞をお薦めします。まだまだましです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 日本たばこ党宣言. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。