喫煙者の権利が著しく迫害されています。 喫煙者の権利を守る運動を立ち上げたいと考えます。 一本のたばこにつき一円 旧国鉄の負債清算に奉仕している 私達をどこまで侮るのだ!!
日本たばこ党宣言
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援クリック宜しくお願いします。励みになります…
平に平になにとぞよろしくお願い申し奉ります。
朝日新聞を購読しません」運動を! 朝日新聞を読むと世界のことが理解できず、自分が馬鹿であると思うようになります。 それが政治への無関心を増長させ、国民を投票から遠ざけ、左翼組織票による議会政治の乗っ取り を推進させています。産経新聞をお薦めします。まだまだましです。
ページトップへ
もしも外国人地方参政権が成立したら シュミレーション村田春樹氏
2010-01-13-Wed  CATEGORY: 未分類
もしも外国人地方参政権が成立したら シュミレーション村田春樹氏

http://www.youtube.com/watch?v=NlsikmAlAE4

以下 しみちえ様の日記より転載です。

韓国で外国人参政権が認められた経緯は以下のとおりです。
在日本大韓民国民団は韓国に行って、
「韓国に住む永住権を持つ外国人に選挙権を与えて下さい」
というお願いをしました。
すると韓国国会は
「ふざけんな!憲法第一条にも書いてあるとおり選挙権は大韓民国国民がもつ神聖な権利である!」
として全員一致で否決。これは当然です。
ところが民団は「ちょっと待ってくれ。韓国にいる日本人に選挙権が与えられると、
日本にいる韓国人が選挙権を持つ事に大きな前進になる。
この法案さえ通れば日本は韓国の思い通りになるのだ」
と国会の委員会で答弁しました。
そしたらコロッと変わって、その次の本会議では全員一致でこの法案は可決されたんですよ。

どういう事がわかりますか?

つまり外国人参政権というのは、日本を韓国の勢力下に置こうとしている、その意図がミエミエなんですよ。

韓国の永住資格を持つ在韓日本人は59人(H16年度)ですが、
その中で実際に韓国の地方選挙権を付与される人数はさらに少なく、
わずか数十人程度です。
それに対して日本に永住する在日韓国人は50万人以上! 不公平です。
相互主義も成立する条件にないということです。

その韓国民団の綱領は以下のように明記されています。
1)大韓民国の国是と憲法を遵守する。
2)在日同胞の政治的経済的利権を擁護する。
3)日本に韓国文化を普及する。

「大韓民国の国是を遵守する在日韓国民として大韓民国の憲法と法律を遵守します 」

…日本の文化を守ろうとか日本社会の発展に貢献したいとか、そんな殊勝な考えが先頭にあるわけではないのです。

例えば、日本に帰化して、すぐ大阪府議選に立候補した李 敬宰はこんなことを言って出馬しました。
 
「ただ、在日が日本国籍をとるということになると、 天皇制の問題をどうするのかという人がいますが、
 外国人がたくさん日本国籍を取ったほうが、早く天皇制は潰れると思います。
 というのはこの先もどんどん外国系市民が増えます。
 ある統計では100年後には5人の内3人が外国系になるといいます。
 そうなれば日本で大和民族がマイノリティーになるのです。
 だから私はあと100年生きて、なんとしても日本人を差別して死にたいです。
 これが夢です。
 そういう社会が来たら、
 その時に天皇なんていうのは小数民族の酋長さんみたいなものになります。
 こうした素晴らしい戦術があるのに、
 それを今の左派のように、日本国籍を取ったらダメだということをやっていたら、
 いつまでたっても天皇制は温存されたままではないですか」

…彼は本音を言い過ぎて落選しました。
このような彼らの普段の言動を見れば、次は国政に参加させろ、
日本人と同じ権利をよこせと要求がエスカレートするに違いありません。

日本が大嫌いだと常日頃叫び、天皇陛下の写真を引っ張ったり燃やしたり平気でする韓国人に、地方であっても政治に参加させるなんてとんでもありません。



例えばEUでは地方参政権を与えたら以下のように失敗しました。
 ・少ない票を集中させるため、特定地域に外国人が集中する。
 ・その地域で外国人の数が現地人の数に匹敵するようになる。
 ・地域の議会が外人で過半数になる。
 ・議会が無茶苦茶な法案を通しまくり、現地人逆差別状態になる
 ・現地人との確執が深刻化、衝突が起こり始める
 ・現地人がその地域から逃げ出しはじめる
 ・地方債を発行しまくり中央政府と衝突しはじめる。
 ・職も住む場所も奪われた現地人がキレて大規模暴動が発生する。(フランス、オランダ等)
 ・犯罪発生率が以前の数十倍になり、地域ごとスラムとなる

外国人参政権推進派が口にする、 「政治参加の道にいざなってこそ住民としての自覚と地域に対する愛着が一層進む」
「お互いを理解し合う動きが活発になる」…という希望的予測は、世界の厳しい現実を知らなすぎるのではないでしょうか?
他民族を日本人と同じ感覚を持つ人間だと捉えるのは間違い。「譲り合い」や「お互い様」が通用しない世界があるのです。
実際にはスイスもイタリアもスペインもフランスもドイツもスウェーデンも、移民対策には相当苦労しているようです。
オランダでは、寛容な政治家が不寛容な人々を大量に引き込んでしまいました。
文化の異なる者同士が仲良くするためには、ある程度の距離、国という垣根が必要だということが実証されました。
そもそもヨーロッパ人がアメリカへの移民であった百年前とは事情が変わり、
以前は移住先の国の言葉を習得し法律を守るのは当たり前と思われていましたが、今は全くそうではありません。
移り住んだ国に同化するよりも、その国の中に自分達のための治外法権区域を作ることの方に熱心な感じです。
現地社会に同化する気のない外国人を増やし続けても「多文化共生」にはならない。
アメリカと同じように各民族によって細かく住み分けられるだけなのです。



「対馬は韓国のものだ!」


「日本列島は日本人だけの所有物じゃない」

 日本でも、対馬では、韓国資本による土地の買い占めが進行しており、
韓国議会でも「対馬は韓国のものだ!」と主張しました。
もし外国人参政権が成立したら、
「対馬は日本の領土だ」と主張する市長は誕生しない恐れがあります。
占領した彼らが独立運動をする怖れだって十分にありえます。
イスラエルやコソボでも「その地域は元々は我々の土地だったのだ」と主張しあって民族紛争になっているじゃないですか。
 北方領土も尖閣も竹島も明白な国家主権の侵害です。
拉致問題も、外国の工作員が国内に入ってきて日本人の女・子どもを拉致していく、重大な国家主権の侵害です。
ところが、いま拉致の集会や北方領土の集会に行って下さいよ。閑古鳥が鳴いてます。
政治家も、海外の要人と会談をしても国益をかけて強く主張する姿はなく、
資源をストローでチュウチュウ吸い上げられても知らん顔。懸案事項は先送り、ニコニコ握手するだけ。

 日本人には国家意識もない、愛国心もない、民族意識もない…。
あるのは歪んだ個人主義だけ。
日本には、「国民」がいなくなって、「住民」だけが残ったと言われています。


だから日本人は国家主権を侵害されて平気なんですよ。
周辺国が領土欲を持ち、愛国心や民族意識が強烈なのに、 
日本人にだけそれらが無ければ、当然、抵抗できませんし、
領土も資源も奪われ経済的奴隷にされ、いずれは同化されてしまうでしょう。

 移民といえば、最近は中国人が毎年一万人のペースで増加しているようです。外国人犯罪の80%は中国人です。
外国人犯罪の発生率は日本人の4倍で、中国人はさらにその2倍もの高い発生率を記録している。
これは単に経済格差のせいだけではありません。道徳意識の差や反日史観が犯罪の後押しになっているのです。
最近、世界各国で中国人労働者の締め出しが始まっている実態がニュースになりました。
海外に行っても自分達だけの世界を作り、現地に溶け込もうとしない態度にも反感に輪をかけているようです。

 子供手当てという政策も、一番得をするのは「移民の子だくさん」です。
あるフィリピン人女性が、
「子供手当てを目当てに母国で養子を7人とって、自分は日本にいて日本から仕送りしながら暮らす」と言ってたらしいです。
なぜなら日本に住まない外国人の子供(ただし親は日本在住)までも支給対象だからです。
さらに、海外の親戚に送金している外国人は月15万までは無税だから、還付金がもらえますよね。

 民主党がすすめる数々の外国人優遇政策は、無知な善意が生んだ賜物だと思います。
世界は日本人が想像するよりもっと腹黒いのです。隙あらばつけこみ、軒を貸せば母屋まで乗っ取るのです。
外国人と日本人を区別することは差別ではありません。
現実をしっかり見て楽観的すぎる政策を見直して欲しいと切に願います。
____________________

追記1

「日本が乗っ取られる!」と書くと大げさに思われる方も多いようです。
それに対してある韓国人はこう言ってます。
「外国人に参政権を認めたら日本が乗っ取られてしまうと考えがあるようだが、
別に乗っ取られたっていいじゃないかっ」
http://www.tnagao.org/item/20030227


追記2

小沢一郎は韓国民主党代表と会談し「総選挙前に在日民団に参政権付与を約束したので、この約束は必ず守る」と述べた。
純然たる内政問題である筈の「地方参政権付与」は、
国民向けの約束ではなく韓国に対する約束だったのです。


追記3

すごい便利なツールをマイミクさんが
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1387312839&owner_id=16182364&comment_count=5


民主党新人議員141人FAX番号一覧
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1380666101&owner_id=686116


【村田春樹】シミュレーション「もしも外国人地方参政権が成立したら?」[桜H22/1/5]
http://www.youtube.com/watch?v=NlsikmAlAE4
スポンサーサイト

応援クリック宜しくお願いします。励みになります…
平に平になにとぞよろしくお願い申し奉ります。
朝日新聞を購読しません」運動を! 朝日新聞を読むと世界のことが理解できず、自分が馬鹿であると思うようになります。 それが政治への無関心を増長させ、国民を投票から遠ざけ、左翼組織票による議会政治の乗っ取り を推進させています。産経新聞をお薦めします。まだまだましです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
本能の欠如した日本人
2009-03-28-Sat  CATEGORY: 未分類

niou.jpg

本能が欠如している今時の日本人。

国を自分と家族が住む家に置き換えると

事の本質がわかりやすい。

9条教の信者の家は、戸締まりもしなくていいらしい。

他人が強盗目的で土足で上がり込んできても、警察も呼ばない。

何事も話し合いで解決。。。

アメリカ軍の戦闘機が事故で墜落しようものなら

大騒ぎするが、北朝鮮のミサイルが飛来して

落下する可能性があっても黙りを決め込むどころか

身を守っては駄目のような発言をする。(朝鮮人 社民党党首 福島みずほ)

例えるなら

家族を拉致 誘拐した凶悪犯が

向こうとなりの家にのうのうと住んでいて

今度は、裏山めがけて趣味の鉄砲をぶっ放す と言っている。

はい そうですか。我が家は普通通り仕事に忙しく

夜は家族団らんでくつろいでおります。

特に避難することもを考えておりませんが。。。。

というところ??

■防衛相が初の破壊措置命令、北ミサイル迎撃で
(読売新聞 - 03月27日 09:18)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=790457&media_id=20


石原さん。
「危機感を持ってもらう為に日本に落ちればいい。」と発言。



よーめんさんのブログより
http://youmenipip.exblog.jp/10645809/

空襲警報と避難訓練

学校や職場で防空避難訓練を取り入れて行くと国民の政治に関する危機意識を高め左翼・在日を抑えられる等の一石百鳥の効果があります。


石原さん。
「危機感を持ってもらう為に日本に落ちればいい。」と発言。

マスコミに叩かれて話題になればいいんだ!しかし、ブサヨは、これはあまり叩かないはず?!なぜだか分かるかい?危機感を持つ人が本当に誕生するからだよ。




防空警報や防空避難訓練は、武器を使う防衛と異なるので平和団体や在日団体は文句の言いようがありません。左翼が何か言ってきたら、

「君達の嫌いな自衛隊のように人殺しの武器を持たなくてもいいし自衛隊は人を殺す練習をしなくてもいいし・・・費用も武器も使わずに自衛出来るんじゃないかい?」

と言って差し上げれば良いのです(笑)



応援クリック宜しくお願いします。励みになります…
平に平になにとぞよろしくお願い申し奉ります。
朝日新聞を購読しません」運動を! 朝日新聞を読むと世界のことが理解できず、自分が馬鹿であると思うようになります。 それが政治への無関心を増長させ、国民を投票から遠ざけ、左翼組織票による議会政治の乗っ取り を推進させています。産経新聞をお薦めします。まだまだましです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
ガキの使いやあらへんで。。。外務省の無能
2008-09-13-Sat  CATEGORY: 未分類
戦勝国は、いざとなれば自由に日本等に攻め入ってもいいということを堂々と決め、
それを半世紀以上も、そのままにしてきたのである。


シナは国連憲章上 日本に攻め入る自由がある???

外務省は英語の出来るガキの使いか???

巨額の分担金を国連に拠出しながら、未だ敵国条項を解除できないでいる。無能のそしりを免れない。

外務省のお役人。。

お仕事してください!


以下 細川さんの日記
現代の眺望と人類の課題8
2008年09月12日08:49 ●国際連合=連合国の特徴


http://mixi.jp/view_diary.pl?id=930788013&owner_id=525191 より

国際連合憲章=連合国憲章は、旧敵国である枢軸国に対し、旧敵国条項を定めている。
旧敵国条項とは、第2次大戦中に連合国の敵国であった国々に対し、地域的機関などが、

安全保障理事会の許可がなくとも強制行動を取り得ること等が記載されている条項である。
第53条と第107条である。条文には明記されていないが、

旧敵国とは、日本、ドイツ、イタリア、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、
フィンランドの7か国を指すと考えられてきた。

 戦勝国は、いざとなれば自由に日本等に攻め入ってもいいということを堂々と決め、
それを半世紀以上も、そのままにしてきたのである。

 わが国は、国際連合=連合国に加入後、その一員として誠実に役割を果たし、
経済復興後は、巨額の分担金を払って、組織を支えてきた。

1970年(昭和45年)の第25回国連総会以来、わが国は、たびたび総会などの場で、
国連憲章から「旧敵国条項」を削除すべしとの立場を主張してきた。

94年(平成6年)12月、ようやく総会において憲章特別委員会に対し、
旧敵国条項の削除の検討を要請する決議が採択された。

95年(7年)12月には、第50回総会において憲章特別委員会の検討結果を踏まえて、
削除へ向けての憲章改正手続きを開始する決議が採択された。

そこからもまた、長い。もう10年以上過ぎている。
 今日においても、同採択を批准した国は効力発生に必要な数には遠く及ばず、

敵国条項は依然として国連憲章にその姿を留めたままとなっている。
死文化されたとはいうが、条文がある以上、悪用されないとは限らない。

応援クリック宜しくお願いします。励みになります…
平に平になにとぞよろしくお願い申し奉ります。
朝日新聞を購読しません」運動を! 朝日新聞を読むと世界のことが理解できず、自分が馬鹿であると思うようになります。 それが政治への無関心を増長させ、国民を投票から遠ざけ、左翼組織票による議会政治の乗っ取り を推進させています。産経新聞をお薦めします。まだまだましです。
ページトップへ  トラックバック1 コメント0
不逞朝鮮人 池田大作=ソンテジャクについにお縄がかかる日も近い!
2008-08-26-Tue  CATEGORY: 未分類




創価・公明なぞカルトそのままですな。。。

オウムと相似

オウムに破防法適応を阻止した公明党。

そりゃ自分のクビしめることは阻止もするか。。。。

平成20年8月24日「政治と宗教を考える」シンポジウム

ドガログ版

1/9 http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48051149/48051149peevee194704.flv

2/9 http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48051149/48051149peevee194705.flv

3/9 http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48051149/48051149peevee194708.flv

4/9 http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48051149/48051149peevee194712.flv

5/9 http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48051149/48051149peevee194715.flv

6/9 http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48051149/48051149peevee194717.flv

7/9 http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48051149/48051149peevee194720.flv

8/9 http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48051149/48051149peevee194723.flv

9/9 http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48051149/48051149peevee194725.flv


YouTube版

1/18
http://jp.youtube.com/watch?v=lCcgS8Vigqw
2/18
http://jp.youtube.com/watch?v=ODea3qqJqP4
3/18
http://jp.youtube.com/watch?v=ZtKF6DD0uAQ
4/18
http://jp.youtube.com/watch?v=nEG0VAfZYqs
5/18
http://jp.youtube.com/watch?v=RaqexhH6l6c
6/18
http://jp.youtube.com/watch?v=jDSv_ZJ5-uQ
7/18
http://jp.youtube.com/watch?v=WK3XyfL0GIw
8/18
http://jp.youtube.com/watch?v=-UEbzKmAMXE
9/18
http://jp.youtube.com/watch?v=lZv1twAcMFo
10/18
http://jp.youtube.com/watch?v=aX5gSRCxgg0
11/18
http://jp.youtube.com/watch?v=GxF2hytIcUw
12/18
http://jp.youtube.com/watch?v=q5hQ3Sgzsko
13/18
http://jp.youtube.com/watch?v=42_62IrCdhM
14/18
http://jp.youtube.com/watch?v=O_RnbF9d5cg
15/18
http://jp.youtube.com/watch?v=c3EmesqRu10
16/18
http://jp.youtube.com/watch?v=qGT4QD6wri0
17/18
http://jp.youtube.com/watch?v=YKiFofIAwPY
18/18
http://jp.youtube.com/watch?v=kzNEVIe-bbE

☆9月1日 

朝木明代さんの無念を晴らせ!

場所:西部新宿線 東村山駅東口広場
時刻:午後3時半~4時半は東口広場で街頭演説

    午後4時半~5時半には転落死したビル前の路上で献花

 ※時間が前回告知より30分繰り下がりましたので、お間違いのないようにお願いいたします。

 1995年9月1日、創価学会を厳しく追及していた東村山市議・朝木明代さんは、この日の夜10時頃、何者かによってビルから突き落とされ死亡した。

 東村山署の対応は朝木さん本人であることを知りながら、すぐに家族に連絡することもなく、検死もしないで荼毘に伏そうとしていた。

 創価学会信者で八王子検察庁の当時の支部長は、同じく創価学会の信者である検事をこの担当に任命、この創価信者の検事は自らが創価信者であることを内密にして遺族に接していた。

 オウム真理教によって行なわれた坂本弁護士一家殺害事件と余りにも酷似する、この事件のやり直しを検察庁に求めて我々は立ち上がりました。

 13年目のこの9月1日に東村山駅頭と現場において、この「朝木明代さん殺害事件」の真相を求める行動を行ないます。

主催:せと弘幸ブログ「日本よ何処へ」

協賛:主権回復を目指す会 在日特権を許さない市民の会

【朝木明代さん殺害事件の全容】



応援クリック宜しくお願いします。励みになります…
平に平になにとぞよろしくお願い申し奉ります。
朝日新聞を購読しません」運動を! 朝日新聞を読むと世界のことが理解できず、自分が馬鹿であると思うようになります。 それが政治への無関心を増長させ、国民を投票から遠ざけ、左翼組織票による議会政治の乗っ取り を推進させています。産経新聞をお薦めします。まだまだましです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
今日、中国国民の中には、愛国主義反日教育の結果、日本民族の殺戮・強姦・絶滅を叫ぶ者が出ている。
2008-08-25-Mon  CATEGORY: 未分類
812216688_10.jpg
今日、中国国民の中には、愛国主義反日教育の結果、
日本民族の殺戮・強姦・絶滅を叫ぶ者が出ている。



■『フランス敗れたり』に学ぶ~中国から日本を守るために
オ ピ ニ オ ン ● 憲法・国防 http://homepage2.nifty.com/khosokawa/opinion08l.htmから


マイミクさんでもある高名な細川さんのブログを読んで驚いた。
浅学ゆえに アンドレ・モーロアは名前のみ知るだけで読んだことは
なかったが、ナチスドイツにフランスがあっけなく敗れ
 侵略された状況に今現在 シナ中国の脅威の前に晒される日本の状況があまりにも似通っている。

ひしひしと此の国の危機、この日本の次の世代、これから生まれ来る世代の行く末を思い起って戦わねばと考える。

日本がシナに侵略されるとナチスに侵略されたフランスとは比較にならない日本民族の殺戮・強姦・絶滅が起こりえるのは
かの国シナ中国の4000年に亘る虐殺史をひもとけば明らかである。

悪玉ナチスと雖も 人肉を食べる習慣はないが、シナ中国の人肉喰らいは数千年の伝統である。

以下 転載

 現在の日本は、ドイツに敗れる前のフランスに似てきているのである。

私見によれば、かつてのナチス・ドイツに当たるのは、今の中国である。

日中関係は現在、1930年代から1940年にいたる仏独関係に、
ぞっとするほど似てきている。

私は、米中冷戦が始まった現在、近いうちに日中間に紛争が起こりうることを、深く憂慮している。

 そこで、まず本書の概要をまとめ、その後、現代日本の重大問題について考察したい。



『フランス敗れたり』――つい最近まで私は、この本を知らなかった。著者は、アンドレ・モーロア。フランスの文芸評論家、歴史家である。

 本書は昨年、実に約65年ぶりに復刊された。そして、現在のわが国に、重大な問題を突きつけている。そこで、本書及びそれが突きつけるものについて書く。



1.日本と日本人に重大問題を突きつける本

 昭和15年(1940)5月、ナチス・ドイツがフランスに侵攻し、わずか

6週間弱でフランスは敗北した。どうしてフランスはあっけなく、敗北し

たのか。著者モーロアは、亡命先のアメリカで、痛恨の反省を込めて祖国

の敗因を書いた。
 
10月にアメリカで刊行されると、翌月には日本語訳が発行された。刊行

後3ヶ月で200版を重ねる記録的な大ベストセラーとなった。わが国

は、それに先立つ9月に日独伊三国同盟を締結していた。欧州を席捲する

ドイツの勢いに幻惑されて、「バスに乗り遅れるな」と、同盟に走ったの

である。ヒトラーは、世界制覇の野望のために、日本を利用しようとして

いた。比類ない洞察力を持つ大塚寛一先生は、建白書を送って指導層に警

告した。しかし、当時ほとんどの日本人は、ヒトラーのたくらみに気づか

なかった。
 
昭和15年当時、本書を読んだ人は、現在80歳代半ばを越えるだろう。

本書の刊行後、わが国は、三国同盟が災いして、アメリカに敵対視され、

ついに大東亜戦争に突入して、大敗北を喫した。日本の敗因は、フランス

とは大きく異なっていた。戦後の国情も異なっていた。そのため、本書は

戦後、忘れられた本となっていたようだ。私などは寡聞にして存在すら知

らなかった。ところが、現代になって、本書には、日本の将来を暗示する

ようなことが書かれていることが再発見された。

 昨年5月、本書は、株式会社ウェッジから再刊された。巻末に中西輝政

氏(京都大学大学院教授)が解説をつけ、「本書に描かれている内容は、

実は現代の日本と日本人に非常に重大な問題を突きつけている」と強調している。
 
「ドイツを遥(はる)かに上回る経済力と政治力、そして国民の大きな可

能性を秘めていた当時のフランスが何故かくもあっけなく崩壊したのか。

これこそ繁栄を享受する民主主義国家、現代日本が持っているのと同質の

脆弱(ぜいじゃく)性とストレートにつながっている」と中西氏は警告する。

 現在の日本は、ドイツに敗れる前のフランスに似てきているのである。

私見によれば、かつてのナチス・ドイツに当たるのは、今の中国である。

日中関係は現在、1930年代から1940年にいたる仏独関係に、ぞっ

とするほど似てきている。私は、米中冷戦が始まった現在、近いうちに日

中間に紛争が起こりうることを、深く憂慮している。
 
そこで、まず本書の概要をまとめ、その後、現代日本の重大問題について

考察したい。



2.大国フランスが敗れた経緯

 『フランス敗れたり』でモーロワが書くフランスは、第三共和制の時代にあった。
 
1871年、フランスは、普仏戦争で敗れた。ビスマルクの率いる新興軍

事国家プロシアに大敗したのである。 第三共和制は、敗戦によって誕生

したデモクラシーの国家体制だった。当時の為政者も国民も敗戦の原因は

圧政にあったとみなし、良い風習も悪い風習も含めてすべて戦前を否定

し、極度の「平和至上主義」になってしまった。
 
 第1次世界大戦では、フランスはドイツと戦って勝利した。しかし、1

50万人もの兵士が戦死し、勝利で得たものは少なかった。戦後のフラン

スには、厭戦気分が蔓延した。欧米全般にも、国際協調による理想主義が

高まっていた。その一方、ドイツは敗戦による痛手に加えて、ヴェルサイ

ユ条約による過酷な報復を受けていた。その屈辱と反発の中から、ナチスが台頭した。

 1933年(昭和8年)、ナチスは、ドイツの国家権力を掌中にした。

ヒトラーは36年、オーストリアを併合し、38年にはチェコからズデー

テン地方を割取した。英仏の宥和政策は、裏目に出た。39年9月1日、

ドイツは突如ポーランドに侵攻し、第2次世界大戦が開始された。3日に

はイギリス・フランスが対独宣戦布告を行った。しかし、その後、約8ヶ

月、双方とも積極的な動きのないまま、時が経過した。
 
 冬が過ぎた翌年5月10日、ドイツは電撃的な作戦を開始し、中立国ベ

ルギーに侵攻した。想定外のことだった。対独防衛のために構築していた

マジノ線は、やすやすと突破された。フランス兵は、なすすべもなくもな

く殲滅(せんめつ)され、フランスは国防力の大部分を失った。
 
 6月18日、まさかのパリが占領された。追い詰められた英仏連合軍

は、ダンケルクから撤退し、22日、独仏休戦協定が成立した。侵攻後、

わずか6週間弱で、大国フランスは、あっけなく敗れたのである。フラン

ス革命によって自由・平等・博愛の理想を掲げたデモクラシーの国・フラ

ンスは、全体主義の支配を受けるはめになった。その後、4年4ヶ月にわ

たって、フランスはナチスに占領された。フランス人は、鉤十字(ハーケ

ン・クロイツ)に服従を強いられた。

 敗因は自国にあった。モーロアは、そう自覚した。彼は英国軍との連絡

将校をつとめ、レノー、チャーチルといった当時の仏英の指導者と交流が

あった。そこで見聞したことや、国内の諸事情、国民の心の動きなどをも

とに、モーロワは、祖国は敗れるべくして敗れたのだ、と敗因を分析している。
 
 その内容は、現在のわが国にとって、非常に参考になる。



3.フランスの敗因


モーロワは、著書『フランス敗れたり』で祖国の敗因を分析する。以下、私なりに要点を整理してみよう。



①軍備を怠っていた
 モーロワがまず指摘するのは、戦争準備の不足である。フランスは、仏独国境に、防御陣地であるマジノ線を完成していたが、他には多くの欠陥を抱えていた。
 
 ドイツに対して宣戦布告した後、約8ヶ月もの間、フランスは戦争のための準備をほとんどしていなかった。軍備のために必要な兵器の対外発注を行わず、生産水準の極めて低調な内国産業の生産拡大で対応しようとした。そのため、航空機、戦車、対戦車砲、高射砲、機関銃、トラックなど、前線ではあらゆる物が不足していた。
 

 一方、ドイツは1933年の再軍備から7年かけて戦争の準備をしていた。開戦後も着々と侵攻計画を進めていた。そのため、彼我の戦力に大きな差が出来ていた。

②平和至上主義が戦争を引き起こした
 フランスには、第1次大戦後、厭戦気分が蔓延していた。国民は、「あんな馬鹿げた戦争」など二度と起こるはずがないという幻想を抱いていた。

そして、いかなる戦争も軍隊も悪という平和至上主義が広がっていた。しかし、平和至上主義こそが、ドイツへの対応をにぶらせ、ドイツの侵攻を招いた。

③社会主義が敵国を有利にした
 
 ロシア革命後、マスコミ・知識層・労働者・学生たちに社会主義が浸透した。

社会主義は国内に思想的・階級的な対立を生み、国民がまとまらなかった。ソ連への幻想が、国内の団結より、他国への連帯を意識させた。

社会主義の思想は、常に外国の利益に奉仕する結果となった。

④国際連盟に期待しすぎていた
 
 国民の間に、国際連盟があれば地上から戦争はなくなるという過度の期待があった。
 
 事情はイギリスでも同様だった。モーロワは書く。

「英国は国際連盟というものに過大なる重要性を与えていて、半ばは真面目な理想主義と、半ばは国際連盟というものが、お説教の一斉射撃で大砲を圧倒するだろうという誤れる考えとによって動かされていたのだ」と。

⑤専守防衛の誤りを侵した
 
 フランスは、ドイツに対し、専守防衛に徹した。敵国が攻めてくるまで待ち、それを迎え撃つことしか考えていなかった。

 宣戦布告後、約8ヶ月もの間、相手に、攻撃の準備をする時間を与えてしまった。

 戦争は前大戦と同じく膠着戦になるという前提で、長期戦の戦略が立てられた。

 ドイツが取っている新しい戦術、電撃戦への対応が全くできていなかった。

⑥希望的観測に陥り、現実を見なかった
 
 フランスは、ヒトラーが政権をとっても、正確な情報を得ようとしなかった。

 ドイツは攻めてはこないだろうという希望的観測によって、国際社会の現実を見ようとしていなかった。
 
 フランスは、最後の瞬間までドイツとの戦争は交渉によって避けうるものと思っていた。

 ナチス・ドイツは虚勢を張っているだけで実際は弱体であると考えていた。

⑦首脳部に不協和があった
 
 当時、交互に首相・蔵相・外相を務めたダラディエとレノーは、権力争いのためにお互いを非常に嫌悪していた。

 互いの愛人が政治に口を出したこともあり、個人的な争いを行なっていた。開戦時の首相レノーと総司令官ガムラン元帥との間にも攻勢論と守勢論とで軋轢があった。
 
 これらフランス首脳部の不協和は、イギリスをして、「彼らはドイツと戦争する暇がないのだ。お互い同士の間で戦争をするのに忙しいから」と言わしめるほどだった。

⑧敵国の宣伝工作にやられた
 
 仏英は、かつて百年戦争を戦った。フランスには、その記憶による反英感情があった。

ドイツの宣伝戦は、英仏を離反させることを狙っていた。これに、国内の「第5列」つまりナチ・シンパが呼応していた。
 
 仏英の離反は、大戦直前まで高い成果を上げていた。ドイツの情報操作により、フランスが強大化するという妄想を抱いたイギリスは、ドイツに軍事的な援助を与えていた。

同盟国より、敵国を強大化させる愚を犯した。

続きは
■『フランス敗れたり』に学ぶ~中国から日本を守るために
オ ピ ニ オ ン ● 憲法・国防 http://homepage2.nifty.com/khosokawa/opinion08l.htm

応援クリック宜しくお願いします。励みになります…
平に平になにとぞよろしくお願い申し奉ります。
朝日新聞を購読しません」運動を! 朝日新聞を読むと世界のことが理解できず、自分が馬鹿であると思うようになります。 それが政治への無関心を増長させ、国民を投票から遠ざけ、左翼組織票による議会政治の乗っ取り を推進させています。産経新聞をお薦めします。まだまだましです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント5
<< 2017/03 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


余白 Copyright © 2005 日本たばこ党宣言. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。